リスクを回避

相続対策としての賃貸アパート経営について

平成27年から相続税制が大幅に改正され、相続税の控除額が大幅に削減されることになりました。これに伴い、以前にもまして早めの相続対策というものが非常に重要になってきています。相続対象となる財産の評価額を下げる手法としては、以前から賃貸アパート等の経営という手法が挙げられます。賃貸アパート経営にはいくつかのリスクがありますが、最も大きなリスクは空き室リスクであるといわれています。空き室状態が続くと予定していた家賃収入が得られないからです。空き室リスクを回避するための手法として、家賃保証制度を利用するという手法があります。家賃保証制度とは、借り手の有無にかかわらず管理会社が家賃保証をしてくれる制度です。

家賃保証サービスを利用しての賃貸経営について

一口に家賃保証制度といっても、そのサービスを提供しているそれぞれの会社によって保証内容は大きく異なるケースがあります。家賃保証制度を利用して賃貸経営を考えている場合、複数の会社のサービス内容を比較したうえで検討することが重要になります。複数の会社の制度の内容を比較するにあたっては、インターネットの一括資料請求サービスの利用がとても便利です。賃貸アパート経営は、後の世代も含めて長い年月をかけて行っていくものになります。そのため、これから賃貸アパート経営を始めようとしている方は、事前に家族ともしっかりと話し合うことが大切です。皆で納得してから始めることが、後々の家族での争いを避けるためにも非常に重要なポイントとなります。