家賃保証の利点

家賃の滞納対策について

賃貸物件に入居する際に、保証人が用意できない人では、最近では不動産会社などから家賃保証会社への加入を条件として提示され、加入することで賃貸契約を結べるというケースが増えている。 家賃保証会社の利用は、その利用を行うことで入居者としては、保証人を探す手間なく賃貸物件に入居できるというメリットがある。また、賃貸物件を貸し出す側としても、家賃滞納のリスクを軽減させることができ、双方にとってメリットがある。これらの背景から、家賃対策への工夫として活用されてきている。

家賃保証サービスとその利用について

家賃滞納への対策として、最近活用されているのが、家賃保証会社である。家賃保証会社では入居者から保証料を受け取り、万一家賃滞納が発生した場合には、家賃保証会社が入居者に代わり支払いを行うことで、賃貸物件のオーナーのリスクを軽減するという仕組みになっている。 これらの家賃保証会社のサービスへ入居者が加入する場合には、加入時に審査が行われる。審査では支払い能力など有無や、信用情報などの確認が行われることが一般的になっている。これらの審査を通過することで、加入することができる。 家賃保証会社の利用が拡大している背景としては、非正規社員の増加などにより安定的な収入が得られない人が増えていることや、保証人を立て辛くなってきているということが今日の背景としてある。